人材採用で決め手となるポイントとは

人材採用の際に決め手になるポイントはケースバイケースで異なるものです。例えば短期間のみの採用であれば最低限の条件さえ整っていれば問題は無いでしょうが、逆に長期雇用となると性格が会社に合うか合わないかということも重要なポイントになってきます。従って「このポイントにさえ気を付けておけばよい」ということは言えず、このために人材採用は採用する側も、採用される側も毎日悩むことになっているわけです。ただこれはあくまでも絶対に採用を間違えない、どんなところにでも採用してもらえるといった裏技的なノウハウは無いということに過ぎません。実際には「どこを見るべきか」と「信用できるか」の二点をチェックしておけば、かなりの対策ができるのです。採用する側もされる側も、このポイントはしっかり押さえておきましょう。

人材採用ではどこを見られているのか

人材採用ではどこを見られているのかというのはよく議論のテーマになる部分ですが、これは企業によってチェックポイントが異なります。しかしどのような企業でも必ずチェックするのが身だしなみとマナーの部分です。例えば一般的なサラリーマン業界であれば無難なスーツスタイルで行くべきですし、アパレル系であれば自分のこだわりが見える遊び心を入れて良いこともあるでしょう。またマナーについては基本中の基本、会話の対応や面接中の所作といったところでその人柄は見えてきます。常に敬語がしっかり使えていて、はきはきと答えて、所作も一通り問題ないということであればマイナス評価は受けないでしょう。一番不味いのは「自分をよく見せよう」として出来ないことまでやろうとすることですから、自分に出来る基本の部分をまず見直すようにしてください。

人材採用における「信用」とは何か

人材採用の場で最もチェックされると言っても過言ではないのが「信用」についてです。では信用とは何かと言うと、まず挙げられるのが仕事を任せても良いかどうかという判断です。根本的な部分として人材採用は「これから一緒に仕事をしていく仲間」を探すわけですから、その中で信用して仕事を任せられるのかというのは重要なポイントになるでしょう。例えば面接の中で過去の勤め先の悪口を言ったり事業の情報を漏らしたなどのことになると会社としては採用するべきではありませんし、採用してもらう側としても希望は通りづらくなります。また性格的な面での信用も重要で、先に勤めている人とトラブルを起こしたりしないか、過去に何か事件を起こしたことは無いかといったこともやはりチェックされます。だからと言って過剰な圧迫面接が許されるのかと言われると難しいですが、こうした性格的なところについてもやはりチェックポイントになるでしょう。


最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし