人材採用時によくある間違いとは

人材採用担当者は、非常に多くの人材と触れてきています。通常であれば「こんなに短時間では人の価値を判断できないだろう」と思ってしまうかもしれませんが、経験を積んでいくことである程度の判断までであれば可能になっていきます。簡単に採用を決める人とそうでない人には様々な違いがあります。単純に能力が高いか低いかと言った違いは重要ではなく、「人としての評価が高いか低いか」によって結果が左右されます。と言っても、社会的地位が高いと言った評価ではなく、あくまでも「人間的に魅力があるかどうか」です。少なくとも人材採用担当者に対して「的確な回答・アピールが出来る」と言うことは必須と言えます。期待している回答では無いと思われてしまわない様に、「よくある間違い・勘違い」についていくつか紹介します。

人材採用担当者は「お世辞」を期待している訳では無い

例えば、多くの採用試験において「なぜ弊社を志望されたのですか」と言う質問をされます。志望動機はすでに履歴書や自己PR書などにも記載してあるにも関わらず、敢えて貴重な面接の時間を使ってまで確認されることには重要な意味があります。ここでよくある間違いとしては、「履歴書に記載した内容をそのまま答えてしまう」と言うものです。すでに文字で内容を確認しているのにも関わらず口頭での回答を求めている真意は、「求職者の本意を見抜くため」です。在り来たりな回答などではなく、採用担当者に対して「熱意を伝えられるかどうか」がポイントになります。優等生な答えなど誰も期待している訳では無く、「どれだけ本気で就職を希望しているのか」を推し量る為に志望動機を口頭で答えさせている訳です。

自己PRの内容は十分に検討すること

採用面接時に「自己PR」をすることは良くあります。誰しも「自分はこれほど素晴らしい人間ですから採用してください」という内容を答えたくなりそうなところですが、実際にそういった回答をしている人の採用率は高くはありません。この質問において何を期待しているのかと言うと、それは「自分自身への理解」です。中途半端な理解や思い込み、慢心などを持っている人は、いざ働き始めてすぐに挫折してしまうリスクが高いと判断できます。いわゆる「鼻をへし折られる状態」になった時、すぐに辞めてしまうような人材には魅力を感じません。むしろ、「自分は非常にダメな人間だ」と言う内容であったとしても、しっかりと自分自身を理解して「対応策を知っている」と言う場合には高評価につながることの方が多いです。


最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし